踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

チワワ→サカテカス

12月13日

f:id:nacarthur:20151219081426j:plain
くっそさむい。と思ったら水たまりが凍っとる。道も完全に凍結していますよーーなんだこりゃー。

次の街サカテカスまではクリールからチワワという町までバスで行き(四時間)そこからサカテカスまでのバスに乗り継ぐ。(12時間)

どういうわけだか朝起きたらサミュエルが俺もチワワまで一緒に行く、と言い出す。なんでもここから目的地に向かうよりもチワワを経由した方が安いとかだった。
サミュエルは良いやつなんだけど、正直4時間彼のスピリチュアル話を聞き続けるのは苦行…。僕は、バスの中では速攻寝るから、と先手を打っておいた。

f:id:nacarthur:20151219082640j:plain
サミュエルはテントを担いで旅をしていて、その上ギターもあるので荷物がかなり多い。鞄が壊れたところを釣り糸で補修。釣り糸はギターの弦にもなるんだって。重さにも耐えれるし、便利だなー。


昼前のバスでチワワまで。
先手を打った意味なく、話続けるサミュエルの話を右から左へ聞き流す。
きりのいいところで「ごめん、もう寝るわ」といって眠った。というか目をつむった。彼はそれからもずっと横で歌を歌ったりしていて、たまに奇声をあげていた。最後らへん、正直ちょっと怖かった(°_°)


f:id:nacarthur:20151219082818j:plain
チワワのバスターミナル!
チワワの町はスルーして、サカテカス行きの夜行バスの切符を買う。


7時ごろにバスに乗って1人になった時の解放感すごかった!!

誰かと一緒に動くのはよっぽど気が会う人じゃないとキツイ、、と思い知った数日間だった。良いやつなんだけどなーー。

やっぱりそう思うと日本人同士だと行動しやすいかもなあと思う。空気を読む文化って凄いな。


サカテカスまでのバスは少し遅れて14時間くらいかかった。
メキシコはバスが快適なんだけど、降りるところがどこかわからないんだよね。だからだいたい着くくらいの時間になったら、周りの人にここどこ?と聞いていかなくちゃいけない。

それくらいなんとか改善できそうなもんなのになー、どうして着いた場所の名前くらいアナウンスしてくれないんだろうか。

サカテカスは銀の鉱山で有名な綺麗な街らしく。

時間を感じさせないほど快適に休めてほとんどワープ!でサカテカスへ!