踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

旅の準備としてのお祓い。

お祓いにいってきました。
地元の神社、氏神さんというやつですね。

地元は、かの陰陽師安倍晴明の生まれ故郷だとらいう伝説が残っている土地でその神社さんもそういう流れを組んでいるようです。

さて、旅立つ前にしっかりと祓ってもらいました。実は最近首を痛めたり(起き上がれなかったり)あんまり体調が良くなかったので、これはお祓いでもいっとこうかなと。あ、ちなみに普段は全然信心深くありません。

f:id:nacarthur:20150227081811j:plain

氏神さんは最近建て替えられてすごく綺麗になっていました。

神官のお爺さんが白い紙をたくさん結んだ例のあれ(名前わからない)で僕の頭の上をサッサッと。それから「こいつ世界中色々いくみたいだから、本当マジそのあいだ神さんよろしくな」みたいなことを唱えてくださってました。

そのあとは鈴でシャンシャンとされておしまい。

いやー、祓われた祓われた。もうこれで大丈夫だわ。ほんともう肩が軽くなったわー。とお礼をいって出ようとする僕と母親になぜか神官さんは話続けました。

「私やったら行くなっていいますなあ。」

(・Д・)ノ?!

このご時世ですし、私も娘がパティシエになりたいいうてフランスいきたいとまあ、こういうてたんですが、やめさせましたわ。親っていうのはね、くどくどくど…

私の姪っ子が旅にでて行方知れずになって…

って、おおおおおーーーい!!

おっちゃんーーー!!

まさかの旅立つ者へ向けてのいらん話ー!グッドラックだけ願っといてくれー!

おかんの眉毛がピクピクしてます。
そりゃそうだ。心配に違いないけど息子が言ったら聞かないから送り出そうとしているのに。

丁寧にお礼をいって神社をあとにしました。

おかん神社でてすぐ「いらんこと言わんでええねん」と。せやで、いらんこと言うたらあかん。

お土産に梅干し昆布茶、お神酒をいただきました。

そんなこんなで今日もええ日でした。

3月に入ったら一瞬だ!
思い残すことのないように。