踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

アイスランド①ブルーラグーン

2月19日

「これは…ほんまに氷の国や…!」

f:id:nacarthur:20160327111554j:image
デンマークをあとにして飛行機で数時間。
窓から見える景色は僕たちの心を揺さぶった。一面に広がる氷の大地。ここは文字通り、氷の国。アイスランド

夕方に着いたので、僕らは空港からそのままアイスランド一番の観光名所ブルーラグーンへ向かった。

ブルーラグーンとは、世界最大の人口温泉。晴れた日には水面が真っ青に見えるという場所。
首都レイキャビクよりむしろ空港に近い立地にあるので、レイキャビクに向かう前に立ち寄ることにしていたのだった。

f:id:nacarthur:20160327113347j:image
さて、冬のアイスランドを旅する際検討しなくてはならないのは「レンタカーを借りて自分で各地を回る」or「ツアーに参加する」だ。

というのも冬の間アイスランドは路面がことごとく凍結しており、半端なドラテクでは生きて帰れない。とはいえ、ここは世界で一番物価の高い国の1つアイスランド。後述の一泊2日のアイスケイヴツアーなんてひとり70,000円くらいする。ぱねぇっす。

僕らもアイスランドでレンタカーを借りるかどうかでかなり紆余曲折あったのだけど、結局安全第一でツアーに参加することにした。だから空港→ブルーラグーン→レイキャビクも全部シャトルバス。これはこれで楽チンだ。
(高いけど。)

f:id:nacarthur:20160327111734j:image
「はよ着いてくれな、温泉で夕焼けが見られへんーー!!」とやきもきしながら辿り着いたブルーラグーン。バスが着いてからもダッシュ!しかし入り口には世界各地からの観光客が列を…( ;´Д`)!
予めチケットを買っていても行列は免れないようだ。。。

f:id:nacarthur:20160327113755j:image
なんとか夕日に間に合ったブルーラグーン!!
運良く天気にも恵まれて、水色の水面も拝めた!こりゃでけー!まさに世界の大温泉や!

アイスランドでは温泉がそこかしこに湧いていて、その温水を街まで引いてきて町中の暖をとっているんだとか。まさに温泉大国(´Д` )!

f:id:nacarthur:20160327122808j:image
「今日はオーロラの出やすい日みたいだけど…」

そう、アイスランドに来た目的はオーロラを見ること。でも、ブルーラグーンは何時間も入れるほどのアトラクションでもなくて、飽きた僕らはほどほどの時間で退散し、首都レイキャビクのホステルへ向かった。

思っていたより寒くはなく、ホステルの中は暖房もしっかりしていたのでぐっすり休めた。

あと数日のうちにオーロラが見れるかどうか…!