踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

パレンケ①

12月23日

f:id:nacarthur:20151230070603j:image
バスターミナルついて外に出るとあっつい!湿気がすごい!南国!!

歩くだけで汗が吹き出してくる気候のなか、ターミナルからほど近い安宿へ。
一泊だけだしターミナルに近い方がいい。

部屋は空いてて、ついてすぐシャワーあびて洗濯!日差しが強いので一瞬でTシャツかわく。

f:id:nacarthur:20151230070834j:image
f:id:nacarthur:20151230070859j:image
町をブラブラ。
広場の隣で安い食堂見つけてムシャムシャ。うまい。

パレンケの町は小さな町で、のんびりしてる。アボガドとかりんごとか買ってとりあえず食いまくる。遺跡はやっぱり朝靄行きたいので特に今日はすることがない。

宿の部屋が風通しが良くて気持ちよかったのでスヤスヤ休んでた。

夕方ごろ、クリスマスだからなのか遠くでお祭り騒ぎの音が聞こえたけど、もうとりあえず眠くて、見にいく気にもならず、そのまま朝まで寝てしまってた。

パレンケの遺跡は8時からしか入れないらしく、ちょっとがっかり。
早朝の遺跡の雰囲気がいいのになあ。

ま、とりあえず明日はパレンケ遺跡!