踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

モロッコ⑨エッサウィラ2日目

11月28日

f:id:nacarthur:20151203222615j:plain
宿の屋上での朝の一枚。
Casaとかそういう雑誌の表紙飾れそうな!

夕方のバスに乗ってマラケシュに戻り、一泊して明日は朝一のカサブランカまでの列車にのるつもりだったのでそれまでの時間エッサウィラを満喫。

f:id:nacarthur:20151203222904j:plain
お土産を探すため街を歩き、ビーチにたどり着く。サッカーが盛んみたいで、ビーチのどこでもサッカーをしてる少年たちがいる。

スーパーマーケットにいこう!とネットで位置を調べるもののいまいち場所がわからず、ふたりでふらふら新市街を歩いた。

f:id:nacarthur:20151203222922j:plain
f:id:nacarthur:20151203223051j:plain
ほんとうに街の外れの、また外れくらいのところにスーパーマーケットはあった。スナックやらクスクスやらお土産を購入!

f:id:nacarthur:20151203223110j:plain
f:id:nacarthur:20151203223139j:plain
帰路はモロッコ初の馬車にのって街へ。
この街では馬車がまだ普通の交通手段として昨日している。料金は思いっきりぼってくるけど、5ディルハムくらいになった。

昼飯美味いもんくおう!とトライしたパスタがイタリア人に撲殺されるぜ!ってくらい伸びた麺のボロネーゼだったこと以外は(それでも味はうまかったけど)

f:id:nacarthur:20151203223736j:plain
この日の海に沈む壮大な夕日も含めて完璧なエッサウィラステイだった。

最終のバスで僕らはマラケシュに帰り、早朝の電車のチケットを抑えた。

f:id:nacarthur:20151203223812j:plain
最後の宿にBARがついててここに来て初めてモロッコビールを堪能!おっさん、ええ顔してはります。ライトで美味しかった。

モロッコの旅もこれでおしまい。
モロッコ=うざい国 なんて噂、ほんと誰がつくったんや!ってくらいすごく良い国でした。人は優しい。飯はうまい。砂漠も海も楽しめる。


明日はカサブランカへ向かってそこからついにアメリカ大陸へ!