踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

マケドニア〜Skopje②〜

10月11日

朝起きたら晴れてるー!
f:id:nacarthur:20151012130607j:plain


ということで数日ぶりの晴れ間に町を散策。

やっぱ晴れてるだけで違う町に見えるよなあ。

宿から町の中心までは15分くらい。
道沿いを歩いていく。

f:id:nacarthur:20151012130629j:plain
スコピエ市内は廃墟も多いけど、真新しい建物もたくさんたっている。崩れたビルのそばに、ピッカピカのガラス張りの未来的建物がたってたり。

f:id:nacarthur:20151012130642j:plain
f:id:nacarthur:20151012130655j:plain
そして有名な話だけど町中のいたるところに銅像がある。

f:id:nacarthur:20151012130714j:plain
それもまた異様なんだけど、広場とかで雰囲気を盛り上げようとしてるのか校内放送的なスピーカーからやたらと明るい音楽が流れてくる。

でもあんまり人はいない。
無理やり盛り上げようとしてる感じがなんかさみしい(o_o)


f:id:nacarthur:20151012130757j:plain
バザールの方にいくと地元の人がたくさんいた。キルギスのバザールと似ていて生活で必要なものはなんでも売っている、という感じだった。パプリカを売ってるとこが多いのが気になった。名産なんだろうか?

f:id:nacarthur:20151012130813j:plain
f:id:nacarthur:20151012130902j:plain
ぶらぶらと街を散歩して、昨日の飯屋でまたしてもビールと肉!今度はポーク。
太る。でもうまいんだ。


昼から景色のいいところに歩いていこうかなあ、と思っていたら雨( ゚д゚)

やる気をなくしてkindleで漫画おとして読んでました。例によって大人買いしました。はい、旅の予算がどんどん減っていきます。でもいいんだ、お金を払うことで漫画界を盛り上げていると考えよう。


累(1)

累(1)

なにこれ超おもしれえ(°_°)
美醜をテーマに繰り広げられる人間模様。醜く生まれた故にあらゆる不幸を体験して生きてきた主人公がキスをすることで他人と顔を入れ替える事のできる口紅を手に入れて…という。
話は暗い。ものっすごい暗いけど、おもしろい。正直、話題になってる「僕だけがいない街」より好きだなあ。
いいとこで話終わるんだよなー。新刊でろー。


さて、明日はチェコへ移動です。
Air bnb で宿泊場所を見つけたけれど、たどり着けるだろうか。はたして。