踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

キルギス⑦〜ビシュケク、JAPANセンター

10月1日

f:id:nacarthur:20151003121944j:plain
8時のビシュケクに帰るマルシュートカを僕らは待っていた。村はずれの十字路にだんだんとマルシュートカを待つ人たちが集まってくるのだが、なかなかやってこない。結局小一時間くらい遅れてマルシュートカは出発した。

Davidはオシュという町にナリン経由で向かおうとしていたのだが、ナリン経由のオシュ行きマルシュートカがないということを宿の主人から聞き、急遽一緒にビシュケクに戻ることになった。

「やっとビシュケクできるー。シャワー浴びたいー。」
フリュは小さくガッツポーズをしていた。あの宿にはシャワーがなかったので僕らは丸三日シャワーを浴びていない。
髪の毛が油っぽくてベトベトする。僕も早くシャワーを浴びたかった。

マルシュートカは5時間半くらいでビシュケクについた。乗馬でやられていた僕らのお尻は悲鳴をあげていて、普段だったら爆睡なのにこの日はまったく眠れなかった。


f:id:nacarthur:20151003122005j:plain
ビシュケクに帰ってきてとりあえず飯。
それから宿に帰った。

ゲストハウスの主人のBikaはいなかったけれど他の宿泊客が扉を開けてくれて中に入ることができ、ちょうど3人分のベッドがあいていて僕らは真っ先にシャワーを浴びてベッドに倒れこんだ。

夕方、キルギス剣道協会の情報を得るためキルギス・ジャパンセンターに行った。ここはキルギスと日本の文化交流のためにつくられたとかで日本語を習ったりできるらしい。

f:id:nacarthur:20151003122025j:plain
壁には参考図書として金子みすゞの本などが挙げられていて、ナイスチョイスやなーと思った。

f:id:nacarthur:20151003122125j:plain
僕が剣道協会の連絡先を知りたいというと受け付きの女の子はすぐに連絡をとってくれてメールアドレスを教えてくれた。一緒に稽古ができるといいんだけどな。すぐにメールを送ったけれど、返事はくるだろうか。


夜、Bikaがやってきて一緒にご飯を食べに行った。
f:id:nacarthur:20151003122147j:plain
彼女が連れて行ってくれたレストランがものすごくいい雰囲気で(どちらかというとキルギスよりもウズベク風だと彼女はいっていたけど)、僕らは昨日食べ損ねた羊の肉を食べるぞ!とシャシリクをオーダーした。高そうに見えるけど、バックパッカーの許容範囲の値段だった。

f:id:nacarthur:20151003122242j:plain
ビールを頼むとハイネケンがでてきた。
ヨーロッパではハイネケンなんてもんは他にビールが無いときに出すもので少なくとも「美味しいもの」ではないらしく、Davidはハイネケンかよー、キルギスのビールないの?と聞いていたけれど、レストランにはハイネケンしかなかった。キルギスではハイネケンはいいビールなんだけどなー、とBikaはいう。
どちらがいいとかではないけれど、外国のビールへの単純な憧れとかはやはりあるんだろうか。




キルギスでやりたいことはもう剣道くらいなんだけど、早く連絡こないかなあ。

次に行くイスタンブール、その先の国々の情報を集めながら僕は思っていた。