踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

金沙文明遺跡。

9月12日

 
4000年前くらいの遺跡があるよー、R君が教えてくれた金沙遺跡に来てみた。
相変わらず何もガイドブックももってないので、完全にそのときその時の行動( ^ω^ )
 
金沙文明に関してはこちら。
 
 
2001年に発見された新しい遺跡なんです。
 
 
一品天下って駅から徒歩で20分くらい。
 

f:id:nacarthur:20150926133537j:plain

1600円もするってほんとすげーな!中国は遺跡の入場料がすごく高い。
 
遺跡の上に博物館をどーんとつくってる。
外観すごい立派なんだよ。展示も適当な感じはしなくてすごく考えられてると思う。

f:id:nacarthur:20150926133720j:plain

 
発掘現場を歩けるんだよね。これはなんかワクワクしてすごくいいなと思った

f:id:nacarthur:20150926133904j:plain

 

 

 

f:id:nacarthur:20150926134238j:plain

f:id:nacarthur:20150926133951j:plain

f:id:nacarthur:20150926134004j:plain

一つ一つの展示の仕方がすごくかっこいい。中国の洗練されていってるのを感じる。

 
 
特に状態良く見つかったものは、秘宝的に展示されている。

f:id:nacarthur:20150926134616j:plain

f:id:nacarthur:20150926134550j:plain

f:id:nacarthur:20150926134354j:plain

f:id:nacarthur:20150926134427j:plain

f:id:nacarthur:20150926134450j:plain

 
語れるほど歴史のことは知らないんだけど、やっぱ遺跡はいいなあ。浪漫を感じられるだけで遺跡はいく価値がある。
そういう意味で遺跡の上に博物館つくる、ってアイデアは面白いな。
 
 
 
 
 

f:id:nacarthur:20150926134325j:plain

f:id:nacarthur:20150926134255j:plain

この文明をつくった人達の金細工は精巧で芸術性がたかいと思う。腐食しない金は、どの時代も人々の気持ちを掴んで離さない。どんなこと思いながらつくってたんやろう、と想像する。
 
 
 
宿に帰ってからは東チベットへの準備をすすめながら、明日いくパンダ基地(ほんまにこんな名前)の事を調べていた。
 
成都といえばパンダ!
思えばパンダ見るの初めてかも?
 
それはそれで楽しみだ(^ω^)