踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

すれ違う運命。

むかし、一緒に歩いていた人がいまも一緒に歩けるとは限らない。違う出会いをして、違うことを考えて、お互い夢中で生きて来たから。

だけど、だから、
あの頃を一緒に過ごせたことや、そういう場所があったってことに、心から感謝したいと思う。

水木しげるが「屁のような人生」ということばを使っていたけれど、そういうもんだよねって思うし 人生に何か目的が必要だっていうのはやっぱり嘘だと思う。

ビジョンとか、目的、という言葉に、僕の人生の色気を無くさせたりはしない。

自由には一秒でなれる。

なんにだって夢中になれる。

何者にもなれなくても。