踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

餞別に何がほしいか?

「N先生、餞別に何が欲しい?」

昨日職場の同僚から聞かれました。

「…米ドル?」


かなり前から準備を怠らず日々旅に向けて鋼の身体を作ってきた僕にとって足らないものはドル立ての資本くらいです。

ですが「流石に餞別の品が米ドルでは…」という空気がもちろん流れます。はい。

そうですね。

同僚のG先生はしきりに自撮り用の伸ばし棒を勧めてきますが「そんなもん自分で買えるししかも使わんしいらん。」と一蹴。旅人に餞別なんていらない、というハードボイルドさを醸し出すことも考えましたが逆にダサいかと思ってそれはやめました。


プレゼントの基本は
「欲しいけど自分では買わないもの」

でももう持っていくものは全部揃えてしまったしなあ。

頭をひねってでて来たのはSDカード。でもこれもクラウドがあるだけで解決出来てしまう。

何がいいか考えといてと言われたけれど、思い浮かばないし面倒なので大喜利にして返してあげることにしました。

頂ける立場なのに大変申し訳ない。

でもせっかくだから笑わせて欲しい。

歯科医師というクリエイティビティー溢れる仕事をするものとして恥じない笑いを起こして欲しい!

ということでG先生にLINEで
「もっていけるくらい小さいもので、ほとんど狂気に近いくらい面白いもの」
というリクエストをしておきました。

f:id:nacarthur:20150304135519j:plain

彼はこの後、宇宙兄弟のスタンプで「任せろ」と心強い一言をくれました。

あぁ、こんなに送別会が待ち遠しいだなんて!

めんどくさい同僚でごめん。
旅先からキリンの毛とか送るから許してね。

いやー、楽しみだ。