踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

couchsurfing

モロッコ⑤砂漠の街 Hassi labied

11月24日砂漠の朝日をみたあと、すぐにサハラを出発し僕らは街に戻った。ドイツ人の姉妹が新たにモハの家にカウチサーフィンで来ていた。午前中まりもはモハの姉妹にヘナアートをやってもらっていた。ムスリムの女の子達は髪でおしゃれとかができないからヘ…

モロッコ④サハラの夜

モハが巻いてくれたターバンが似合い過ぎる自分´д` 僕の本名を言うと「その名前はハッサンって意味だね」と謎のアラビアンネームをつけられた。ハッサン(´Д` )似合い過ぎる。ちなみにまりもは「ファティマ」。モハの兄弟の子ども、ファラはターバンを巻いて…

モロッコ③サハラ砂漠

11月23日サハラ砂漠でカウチサーフィンや!とまりもがウキウキして連絡してきたのは何ヶ月か前のこと。モハ、という名前の青年はサハラのすぐそばの街に住んでいて、ラクダも何頭も持っているらしい。日本にいる時からやたらテンション高めにwhatsupで連絡が…

ブルガリア〜Veliko Tarnovo②〜

10月9日雨やー。雨や雨やー!ここんとこはずっと雨やー。雨自体はいいんだけど、景色が見れないのが残念なー。というわけで朝から一人Veliko Tarnovoの町を探索。川沿いの旧市街を歩く。ほんま素敵な街並みやわ。明日ソフィアに帰るバスチケットもゲット。こ…

ブルガリア〜Veliko Tarnovo①〜

10月8日早朝のバスで3時間、ブルガリア、ソフィアの東、Veliko Tarnovoについた。思ったよりはやく着いたので「ヴェリコ・タルノボ?」とバスの運ちゃんに聞く。「ダー。(・ω・)」といいながら首を横に振るおっちゃん。条件反射で、そうかーまだVelikoじゃな…

ブッダガヤ初日〜蚊の試練〜

9月4日②ガヤからブッダガヤの町に向けてトゥクトゥクで移動していると段々とのどかな風景になってくる。この辺りはインドでも1番、人々が貧しい生活をしている地域なんだそうだ。ブッダガヤの町の中心あたりにRaveenの運営しているネットカフェがあって、訪…

髭とKamaral。②

5月11日マラッカ観光に車で向かう僕ら。Kamaralはいつも歌を歌っているのだがやたら歌が上手い。「実は職場でバンドを組んでてボーカルしてるんだ。オーディション受けろとかも言われるけど、安定した仕事を捨てる気はないからねー」なんというまともな人間…

スーパークリーンなイスラム式トイレの使い方。

5月11日朝5時半ごろにアザーンで(イスラム教の祈りへの呼びかけ)で目が覚める。これを聞くとあー、イスラムの国に来たなー、という気分になる。街全体に聞こえる大きな音で祈りの時間を告げる。日に5回、必ず祈りの時間にはこれが流れる。(KLではなかっ…

髭とKamaral。

5月10日朝6時半に宿をでて、マラッカへ向かうためバンダータシックスラタン・バスターミナルへ向かった。KLの中心からは結構遠い。CouchsirfinをリクエストしたホストのKamaralとは12時にマラッカのバスターミナルのマクドナルド前で待ち合わせだった。クア…

踊る髭、パナマ人に助けられる。

19:00 keelung culture center 前。僕はカウチサーフィンで返事をくれたGerardoを待っていた。 本当にラッキーだ!今日リクエストして今日返事がもらえるなんて。 カルチャーセンター前では若い子たちがダンスの練習をしていて見ていて飽きなかった。台湾は…