踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

Laos

踊る髭とSomphong.

ルアンプラバンの最初の宿はHostel worldで高評価だったわりにオーナーがあんまり良くなくてがっかりだった。 Hostel worldという検索エンジンは世界中のいいホステルを載せているとはいうものの、設備の面で各国の基準を法的に満たしている宿しか登録できな…

踊る髭、体調を崩す。

4月16日。 朝起きて9時半のボートにのってムアンゴイを後にした。スムーズにノンキャオでもバスに乗れたが2日続けての悪路を4時間はかなりきつかった。頭がフラフラしてた。 ルアンプラバンについたら今日がピーマイラオ(新年の水かけ祭り)の最後の日だと…

踊る髭とShai.

4月15日 ムアンゴイで出会ったShaiは年が28歳でほとんど同い年。 ラオ人でこの年で未婚は珍しい。 「やりたいことがいっぱいあるんだ。みんな俺のことをクレイジーだと思ってるよ」人間は、似たような人間に出会うもんだな、と僕は不思議に感じていた。 Shai…

電気のない村、ムアンゴイへ。

4月15日 朝7時に宿をでてバスターミナルに向かった。ルアンプラバンの町は昨日の祭りでゴミが町中に落ちている。清掃車が町をまわっていた。祭りはあと何日か続くようだ。何日までなのかはっきりしないがまだまだ人々はお祭りムードである。ルアンプラバンの…

ピーマイラオ!水かけ祭り!!

4月13日、14日。 ルアンプラバン、水かけ祭り本番ー!  町中がまさに戦場と化す(´Д` )!住民も旅行者も暴徒化しびしょ濡れにならずに道を歩くことは100%できない! 「Happy new year!!」の掛け声とともにばっしゃーーん!と水をかけられる。  濡れても汚れ…

踊る髭とVangviengの食堂

4月12日ルアンプラバンに旅立つ前にいつもいってた食堂にいった。  Chaleun restrant ほんとに毎食通っていたのでなんつーかもうこの店のお陰でVangviengを離れるのが寂しくなっちゃうくらい。 ラオスは思っていたほど外食するのが安くない。一食300円はか…

踊る髭の洞窟探検。

4月11日。朝起きていつもの食堂で飯食って昨日と同じ自転車屋さんへ。 今日はVangviengの西にあるという洞窟共Caveを攻める!  お尻さんの昨日のダメージはまったく回復していないけど、乗ったことないモーターバイクに乗るのはチキンで怖くて断念。 何度…

バンビエン周辺の村を巡る。

4月10日。 11時くらいに朝だか昼だかわからないブランチ的なものを食べて、自転車をレンタルする。 夜20時までレンタルで20000キプ。(300円くらい)店によって18時までとか色々違う。でも値段は一緒。 お尻が痛くならないようなサドルを持つベストチャリ…

バンビエン へ。

4月8日。 首都ビエンチャンを離れ、バスで5時間。Vang Viengという町へ。 ここはなんていうか、「リラックスできる環境を求めて西洋人がよくくるので有名なところ」。 かつては行き過ぎたそのフリーダムな雰囲気でドラッグが横行し、やばい奴らの溜まり場…

踊る髭、ラオラオを飲む!!

4月7日。夕方。 5時ごろ持田さんにピックアップしてもらって、病院長のボラサック先生の個人クリニックを見学に。 他の国から先生がきても、ボラサック先生はいつも「上手い」といつも高評価を受けているそうで、口腔外科の専門家ながら歯の矯正なんかもし…

ラオスの歯科医療について。

4月7日。ビエンチャンに到着してすぐにOISDEという歯科系のNPOの現地職員にである持田さんの車でラオス唯一の医師、歯科医師の教育機関である、ヘルスサイエンス大学を見学に向かわせてもらった。  あ、僕は歯医者なんですよ。 でまあ、世界一周中に色ん…

踊る髭、ラオスの文化に触れる。

4月7日。 クアラルンプールから乗り継いで、9:30くらいにビエンチャンに着いた。 ラオス語の文字すごい。ぜんぜんわかんない!(そりゃそうだ。) 通貨はキプ。だいたい10000キプで150円くらい。焼き飯とか麺が15000キプが相場で、水はかなりやすい2000~3…