踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

Inspired

アイスランド④氷の国の冒険

2月22日モンスタージープ、と呼ばれるスーパーマシンに乗り込み、僕らはこの一泊2日のツアーのハイライト、『氷の洞窟』へ向かった。「そりゃあ、普通の車じゃ無理だわ」と納得の雪と氷の道をジープが走る。なんでも、毎日この雪原の何処に氷の洞窟があるの…

インカ・トレイル②〜地獄のチャレンジ・デイ

1月24日「4日間のうち、2日目が1番チャレンジングだ。でもどうか楽しみながら進んでほしい」ガイドのホセはルートの説明をしたあとコカの葉の噛み方を解説した。コカの葉はコカインの原料となることで有名だけど、噛むことで身体の疲れや痛みをとったりでき…

インカ・トレイル〜マチュピチュまでの4日間

世界一有名な観光地と言っても過言ではないマチュピチュだけど、実はそのマチュピチュまでクスコから徒歩でいくトレッキング・ツアーがあることはまだ日本人にはあまりしられていない。その名も『Inca trail』スペイン語で『Camino Inca』だ。このツアーでは…

ボリビア⑤ウユニ塩湖。

1月14日 ②そこにあったのは紛れもなく、この世とは思えない風景だった。記録的な乾燥続きでウユニ塩湖全体の『鏡張り』は見れなかったとはいえ。ホダカのデイ・ツアーは10時半頃スタート。列車の墓場、と呼ばれる場所へ。今回のツアーは他に日本人五人と、同…

ブエノスアイレス⑦路上の風景

1月10日アルゼンチン最終日なのに暇だいひまだーい!といっていたらミホコさんとユウちゃんが遊んでくれた。ありがたいっす。アイス食べたりしてからビールを買って、ブエノスアイレスのセントロにあるオベリスク前で路上飲み会。これから向かうボリビアやペ…

ブエノスアイレス④〜受け継がれている剣の精神

1月7日やっとブエノスアイレスに帰ってきたー!そしてヒューストンで行方不明になったバックパックが戻ってきたーー!ついにーーー!中身も全部そのまま。サバイバーやわ。君ほんまサバイバー。イケてるわー。バックパックを受け取りほっとして、この日はア…

パラグアイ 〜理想郷を求めた人々

1月4日 ②面倒な国境越えを終えて歩いて辿り着いたバスターミナル。僕はターミナルに入って、どこにいけば日本人移住地にいく為のバスに乗れるのか、ときょろきょろしていた。「シウダーデルエステの街から41km地点」という情報だけあるものの、なんちゅー漠…

ブエノスアイレス②アーティストたちのユートピア、そしてA Happy New Year!!

12月31日昼頃空港から電話がかかってくるも、どうやらバックパックは今日も届かなかったらしい(°_°)まあ、暑い国なのでTシャツ短パンがあれば大丈夫なんだけど…どんだけ最近流れ悪いねんっていうね!2015年最後の日。アルゼンチン人の友人エマと昼飯。アルゼ…

カンクン③〜セノーテ 聖なる泉でダイビング〜

12月27日今回セノーテ・ダイビングでお世話になったダイビングスクールはこちら!「イグアナダイバーズ」http://www.iguana-divers.com/#!blog/c1kguメキシコ、カンクンからバスで1時間ちょっとのプラヤデルカルメンという町を本拠地にされている会社です。…

メキシコシティ〜人類学博物館 人間の誇りと文化とお土産ものと〜

12月17日宿で引っ掛けたオペラ歌手のイケメンのローネンと一緒に人類学博物館に行くことになった。というか、一緒にいく?ともなんとも言ってないんだけど今日は人類学博物館行くんだよね、って言ってたらなんかもう勝手に一緒に行くことになってて「で、何…

ロスモチス〜ギター弾きの青年

12月10日昨晩たどり着いたロスモチスの町を探索。ついでに明日乗るチワワ鉄道のチケットを街中でゲットしたかった。チワワ鉄道は二等列車は火、金、日しか動いておらず起点となるロスモチスに辿り着く日を間違えると何日も待つことになってしまう。大抵の旅…

バハ・カリフォルニア③フェリーでロスモチスへ。

12月9日ジンベイザメと泳いだことの興奮が冷めやらぬ朝。昨日、バハ・フェリーの事務所にいってなんとかチケットを手に入れたときに「2時間前には来てね」と言われた。フェリーの時間は2時半なので12:30にはつかないといけないみたいだ。歩き方には、街中か…

バハ・カリフォルニア②ジンベイザメと泳いだ日

12月8日 宿の朝食が結構美味しくて満足。 つーか最近ブログでもうまいしかいってない。まあ大体なに食べても美味しいっていうんだけどメキシコご飯美味しいよ! 9時半にベンジャミンが宿の前まで迎えにきてくれた。予想と違って自転車であらわれた彼とビー…

Prinston パスカルとの再会

12月4日Newyork Penn stationから電車で1時間半。僕は全米屈指の名門大学Prinston UniversityのあるPrinstonにやってきた。電車の旅は快適だったけど、お世辞にもアメリカは交通のインフラがいいとはいえない。メトロにしても列車にしても、結構古い。比べる…

ニューヨーク⑤Brooklyn Art Library, Fueruza Bruta

12月3日暗くなってきたブルックリンの町を歩く。いってみたかったのはここ、Brooklyn Art LibraryThe Sketchbook Project実際ここがどういう場所なのかあまりわかってなかったのだけど、どうやらスケッチブックプロジェクト、という世界中の誰でもが参加でき…

ストックホルム⑤ 岡島かな多ちゃんとの対話

あれは2012年の幕開けだっただろうか。FBに一つのイベントのお知らせが届いた。「元旦、ラピュタを探す冒険に出ましょう」ラピュタを探す冒険と名付けられたこのイベントは僕の友達が主催していて、簡単にいうと元旦から栃木にスカイダイビングしにいく、と…

ストックホルム④ 生きて生きて生きて、死ぬこと。

11月17日晴れ。朝、あまり人がいない時間を狙って、世界遺産の『森の墓地』へ向かった。場所はストックホルムの少し郊外。そこは名前の通り墓地なのだけど、モダンと自然の融合が美しすぎるってことで世界遺産になっているらしい。「人は死ぬと森に還る」と…

コスタ・デル・ソル〜4週目

4週目。暖かなこの地域も段々と朝晩が寒くなってきた。まったく計画性のない旅程なのだけど、週末にはスウェーデンに飛ぶので寒さは一層増すどころか、一気に極寒の地に向かうことになる。さて、4週目スペイン語を学ぶ中で考えてたことがある。なんでそんな…

コスタ・デル・ソル〜3週目

さてさて三週目が終わりました!スペイン語に関していうと、今週からクラスが一つ上がり、格段に難しくなった。授業は全部スペインでやっとこさ現在形で文を組み立てれるようになったのに、過去形…!さらに活用するのか動詞っ…!ううっ!もう先生のいってる…

コスタ・デル・ソル〜1週目

スペイン、アンダルシア地方。コスタ・デル・ソル、「太陽の海岸」と呼ばれる土地に来て一週間。ネルハという町でスペイン語を勉強しています。これは先に控える南米への旅の為。本当はグアテマラで勉強するつもりだったのだけど、色んな旅程上ここで勉強す…

ブルガリア〜Veliko Tarnovo②〜

10月9日雨やー。雨や雨やー!ここんとこはずっと雨やー。雨自体はいいんだけど、景色が見れないのが残念なー。というわけで朝から一人Veliko Tarnovoの町を探索。川沿いの旧市街を歩く。ほんま素敵な街並みやわ。明日ソフィアに帰るバスチケットもゲット。こ…

キルギス⑨〜キルギス伝統医療の話

10月3日朝から殆ど何もせず、これから行く国の下調べをしたりしていた。夕方、何か面白いものを探しにマーケットにいこうとするとBikaがショッピングモールにいくというのでフリュと3人でモールへ出かけた。モールの5階にはお土産もの屋さんがならんでいた。…

キルギス⑥〜コクボル!〜

9月30日朝起きると筋肉痛で動けなかった。Davidとフリュも動くたびにウアアーッと唸り声をあげている。背筋と足の周りが物凄く筋肉痛。とりあえず、ここでもう一泊することに決めた僕たちは、『コクボル』というスポーツを見学させてもらうことになっていた…

キルギス①

9月25日ウルムチからキルギスのビシュケクに向かう飛行機は1時間遅れて飛んだ。隣の席にしようぜー(^ω^)とエレベーターで一晩一緒に過ごしたAzarがいうので僕らは飛行機も隣の席に座った。フライトは3時間くらい。途中、アルタイ山脈が見えた。感動する…

ラルンガルゴンパ②

9月20日② ドローンって意外とちっさいんやなあ。 というのが初めてドローンを見た僕の感想だった。 2人の緊張感がこっちにも伝わってくる。 もしかしたら、この無礼者!とめちゃめちゃ怒られるかもしれない。 最悪公安に通報されたりしちゃう可能性だってあ…

東チベット〜色達〜

9月19日 今日向かうセルタの町は僕にとって特別思い入れのある街だった。 というのも、インドのラダックでHimalayan dental missionで一緒に活動したラダック人のTumdupの家族が遠い昔にこのセルタからやって来たと聞いていたからだ。 「5世代くらい前にセル…

東チベット〜丹吧①〜水餃子に恋して

9月16日 朝ごはんは僕の期待通りお粥だった。 が、しゃばしゃばすぎる。水気が多すぎる(´∀`; )! あと、こっちでマントウ、というと「肉まんの中に肉が入っていないやつ」を指すようだ。肉まんはローバオと発音する。このマントウ、このまま食べるとにっち…

東チベット〜康定〜

9月14日 空港で夜を明かして、ー6時の飛行機で成都から康定(カンディン)へ。 一時間くらいのフライト。着いたらすぐに空港のそとに市内へのシャトルバスが待っている。 乗れなくてタクシーを拾ってる人もいたので、カンディンに着いたら早めに外に出るほう…

髭と成都の歯科医院。

9月11日大学を卒業し研修医を終えてすぐ、ともに卒後コースを受講した留学生のR君に会いに四川大学の歯学部を訪問!R君は立派に大学の教員になっており、5年前に話した夢を頑張って追っているようだった。大学のシステムも移行期にあるとかで色々大変みたい…

成都へ!

9月10日コルカタ→昆明→成都 というフライトに乗った。昆明はトランジットだけだったんだけど、雲南省のパンフレットを見ただけで萌えた。少数民族の村を訪ねに、行ってみたいなーーー。しかしそれはまたいつかにとっておくということで。東チベットの旅には…

破壊の神と、マザーテレサの愛と。②

(現在中国でブログ更新中。ネット事情により、写真は後日。)9月9日昼間。炎天下のコルカタを、あえていろいろ歩いて見た。「コンニチハ」「スミマセン、オニイサンドコイクノ」「ハッパ?ハッパ?」という声を無視しながら歩く。コルカタはいろいろ歩いて…

破壊の神と、マザーテレサの愛と。

9月9日カーリーというヒンドゥーの女神が祀られている寺院へ朝からいく。いま読んでいる本では、カーリーという女神は以下のように説明される。カ ーリ ーの図像は 、目は血走り 、真っ赤な舌をだらりと垂らしている 。そして手には 、血のりのついた剣 、三…

ナーランダ仏教大学遺跡。ヒンディーの永遠。

9月7日。夜23:00の夜行列車でコルカタへ向かうので、それまで時間つぶしにナーランダーという仏教大学のあとを訪ねることにする。トゥクトゥクをチャーター。ブッダガヤの町からは2時間くらいかかるので昼に出て帰って来たのは結局7時だった。ラージキル、と…

ブッダガヤ2日目。

9月5日。朝Naveenの家をでてブッダガヤ市内へ。さすがに「蚊で一睡もできなかった」とは言いづらく、予定が変わったからといって家をでた。申し訳ないな、とは思ったのだけれど、旅を楽しめなければ元も子もないので…。市内に近づくと宿を探してるんならいい…

ブッダガヤ初日〜蚊の試練〜

9月4日②ガヤからブッダガヤの町に向けてトゥクトゥクで移動していると段々とのどかな風景になってくる。この辺りはインドでも1番、人々が貧しい生活をしている地域なんだそうだ。ブッダガヤの町の中心あたりにRaveenの運営しているネットカフェがあって、訪…

ガンジス川へ。

9月2日4時50分にバラナシにつく列車が結局4時間遅れる。駅についても車内放送とかあるわけじゃないので「電車おくれてるからあと3時間くらいかかる!」とか言われても大体3時間後にまた起きて、大体止まった駅で周りのひとに「ここどこ?」と確認するしかな…

タージマハル。人間の『聖』と『俗』。

9月1日。朝6:00の電車でアーグラーにむかう。なんといってもアーグラーはあのタージマハルがある町。インドといえばカレーとタージマハル、それくらい有名な建物。8:00過ぎにはつく。一泊するのも勿体無いかな、とこの日、同じ日の夜行列車で、次の町バラナ…

インドの洗礼。大いに騙されかけた1日

8月31日ザ、インドな日。Modern Art museumがいいと同室のフランス人から聞いて、町を見るためにも近くまでトゥクトゥクでいってそこから歩いてみることにした。コンノートプレイスというデリーの中心みたいなところで降りて、インド門がある方向へあるく。…

最後の診療と犬の転生。

レー滞在最終日。朝からひとりで診療。患者さんの数はそんなに多くなかったので結構余裕をもって診れた。お昼頃にTundupとlamoに呼ばれて学校の講堂にいくと、そこでラダックで作られた映画の上映をしていた。1時間くらいみていたけれど、たぶん、小さな子ど…

Thiksay monastery。カースト制度の現実。

8月25日「髭、何時から診療する?明日からは君がボスだ」イギリスの歯科学生のJackが冗談ぽくいう。今日からResident DentistのMarryがネパールに出張、ケニア人歯科医師のZharaが明日帰国の為今日はOFF。なのでここから数日診療所は歯科医師は僕ひとり、そ…

チベット伝統医療。Marieとの別れ。

8月24日朝4:30にゲストハウスを出発。助手席に座ったのでMarryのアグレッシブなドラテクをダイレクトに体験できた(°_°) 途中ケニア人のZharaが車酔いしてしまいもどしてしまったが、Zharaだけでなく、疲れていたのか全員この日はかなり山道にやられていた。…

Himalayan dental project camp③

8月23日デンタルキャンプ3日目。この日は日曜日で授業がないので、学校の寮に住んでいる子たちだけの診療だった。「ジュレ!(こんにちは&ありがとう」「ズモ?(痛い?)」「カペス!(開けて!)カチャモペス!(大きく開けて!)」少しだけ覚えたラダッ…

地酒、チャン!

「チャン!」LamoとTが目を輝かせている!チャン、はバリーという麦の一種を発酵させてつくるチベット民族の地酒らしい。仏教ってお酒禁止じゃなかったっけ?と聞くと「まあ肉食べる僧侶も全然いるしねー」とのことだった。ものっすごい宗教色が強い、敬虔な…

Himalayan dental project camp

8月21日 14:00小学校につくと、僕らは食堂のようなところへ通された。Marryが校長先生と話しあって、簡易チェアーを設置する場所を決める。明るい廊下を選んで一行は準備を開始した。低速エンジン(歯を削るやつ)、歯に詰めるセメント(主にグラスアイオノ…

CASINO! シンガポールの夢。

5月16日朝10時くらいに宿で朝食をとる。時間がなくてシャワーを浴びそこねた。宿の前でMikiちゃんとショージさんと合流!バスを乗り継ぎセントーサへ向かう。シンガポールはGpsでバスの動きも管理されてるのでアプリで簡単に乗りたいバスの走っている場所が…

髭とムハンマドの優しさ。

4月7日 夜ツインタワーからとぼとぼ帰ってきてKLセントラル駅の周りで食べるところを探していた。韓国料理の店の前でメニューを見ていたらアラブ系の店員さんがでてきて話かけてきた。「あ、すみません。見てるだけなんです」と僕。「いいよいいよ!是非みて…

医療現場の比較考察。そして親指王子。

5月3日。パンパンホステルで今までの経験を色々まとめたり、だらだらしたり、ジャンプ合併号やん今週ないやんとか思ったりしていた。自分なりに今まで訪ねたり関わったりしてきた歯科系のボランティアについて特徴を書き出したりしてまとめてみた。写真はそ…

メータオ・クリニック④

4月30日8時にメータオ・クリニックへ。診療が始まる少し前に、昨日も同じ時間に会ったジョセフがまたいたので話していた。「親父の血液検査の結果を聞きにきたんだよ」ジョセフはそう笑いかけてきた。親父のためさ、いまメラ・キャンプに住んでいるのはね。…

メータオ・クリニック③

4月29日朝、7時に朝食を食べに行く阿部先生とDr.Greg,Dr.Kamalを見送った。阿部先生はPU-AMIの職員の方と打ち合わせをしていた。お礼を言って分かれて、ビスケットと豆乳を朝ごはんにかきこむ。ポリシーをもって行動する人が「変化」を起こしていくんだな、…

メータオ・クリニック②

4月28日夜、ごはんを食べてから阿部先生と話した時のことを覚え書きしておく。纏まりがない文章になるかもしれないが、どれだけ時間がかかっても、自分が忘れたくないことを書き残しておきたい。もしラオスでお腹を壊さなければ来なかったかもしれないタイで…