踊る髭の冒険

30歳を目前に仕事をやめて旅に出たナッカーサーが世界中放浪した果てにイギリスの大学院に留学するのかどうか、という毎日を綴るブログ。可能性迷子の毎日をお届けします。

【世界一周報告会をします!】

歯科医で旅人、踊る髭です!約1年間ブログを読んで頂いて本当にありがとうございました。ささやかですが5月15日(日)に大阪、四ツ橋で今回の世界一周の旅の報告会をします。もちろん、ブログを見ていなかった方々も、どなたでも参加できますのでお気軽に…

アイスランド⑤旅の終わりに。

2月23日氷の洞窟ツアーを終えてレイキャビクに戻った僕ら。レイキャビクは町中に猫がたくさんいる。彼はちょうど雪のトイレに入っているところだった。カメラにおさめてゴメンな。でも、きっといつか、これもいい思い出に変わるから((´Д` )アイスランド最終…

アイスランド④氷の国の冒険

2月22日モンスタージープ、と呼ばれるスーパーマシンに乗り込み、僕らはこの一泊2日のツアーのハイライト、『氷の洞窟』へ向かった。「そりゃあ、普通の車じゃ無理だわ」と納得の雪と氷の道をジープが走る。なんでも、毎日この雪原の何処に氷の洞窟があるの…

アイスランド③吹き荒ぶ爆風と虹のかかる滝

2月21日朝、時間通りにツアー会社にピックアップされた僕たちは、100ヶ国以上を旅してきたというファンキーなアイスランド人ツアーガイドに導かれてレイキャビクを出発。アイスランドの南の絶景を巡る旅に出た。氷の荒野の広がる中を車はグングン進んでいく…

アイスランド②レイキャビクの町で。

2月20日朝から歩き回ったレイキャビクの町は、比べて見るとフィンランドよりあったかいくらいの気温だった。なんでもアイスランドの南には暖流が流れているとかで、気温はそこまで低くならないんだそうだ。お陰でアイスランドは、「世界で一番暖かいオーロラ…

アイスランド①ブルーラグーン

2月19日「これは…ほんまに氷の国や…!」デンマークをあとにして飛行機で数時間。窓から見える景色は僕たちの心を揺さぶった。一面に広がる氷の大地。ここは文字通り、氷の国。アイスランド。夕方に着いたので、僕らは空港からそのままアイスランド一番の観光…

デンマーク

2月19日フィンランドから早朝の飛行機でひとっとび!デンマークにやってきました!デンマークも空港から市内までが電車で30分程とアクセスが簡単。今回は乗り継ぎの5時間の間のみの滞在なのだけれど十分楽しむことができたので色々書いておきます。首都コペ…

フィンランド②

2月18日フィンランド3日目テンペリアウキオ教会にいってみた。ヘルシンキで有名な、デザインのいい教会。詳しくはこっち。http://matome.naver.jp/m/odai/2138570266549707701正直な感想をいうと、デザインが格好良いとは思ったけれど「その場にずっといたい…

フィンランド①

10ヶ月の放浪を終えて帰国した僕は友人の結婚式にサプライズ出席し、見事に彼を驚かせることに成功。そして、なんと自分自身も「結婚する」ことになり「時間あるときに行きたいとこいったれ!」ということでパートナーと共にアイスランドへ旅に出る事になっ…

日本へ。

1月27日ペルーでインカ・トレイルの旅を終えた僕はバックパックの中の衣類の殆どを捨てて、帰路へのパッキングをしていた。昼過ぎには空港に向かい、クスコ→リマ→ヒューストン→日本という30時間超えのフライトを楽しんだ。10ヶ月の放浪生活。台湾から始まり…

インカ・トレイル④天空の城 マチュピチュ

1月26日この日、雲の向こうからゆっくりと姿を現したマチュピチュはまさに天空に浮かぶ、インカ文明の記憶だった。午前3時に起床して軽い朝食をとったセクシー・プーマズの4人はこのキャンプサイトでポーター達と別れた。何度も書くが、20kg以上の荷物を背負…

インカ・トレイル③感動のインカの遺跡群

1月25日この日「チーム・セクシー・プーマズ」は数多くのインカの遺跡に出会うことになった。マチュピチュ以外の小さな遺跡に巡り合えることもこのインカ・トレイルの魅力のひとつだと思う。ひとつひとつの遺跡でガイドのホセが立ち止まって歴史を話してくれ…

インカ・トレイル②〜地獄のチャレンジ・デイ

1月24日「4日間のうち、2日目が1番チャレンジングだ。でもどうか楽しみながら進んでほしい」ガイドのホセはルートの説明をしたあとコカの葉の噛み方を解説した。コカの葉はコカインの原料となることで有名だけど、噛むことで身体の疲れや痛みをとったりでき…

インカ・トレイル① チーム『セクシー・プーマズ』が行く。

1月23日早朝。昨日の前日会議で6時集合だと言われたものの、遅刻したくない一心で早起きしすぎて5時過ぎには集合場所のホテルについてしまった。寒い中道端に腰掛けていると、白タクが僕を見つけてはクラクションを鳴らす。清掃のおばちゃんが不思議そうな…

インカ・トレイル〜マチュピチュまでの4日間

世界一有名な観光地と言っても過言ではないマチュピチュだけど、実はそのマチュピチュまでクスコから徒歩でいくトレッキング・ツアーがあることはまだ日本人にはあまりしられていない。その名も『Inca trail』スペイン語で『Camino Inca』だ。このツアーでは…

クスコ②

1月22日宿にいた日本人の旅人とクスコを1日ぶらぶら。おしゃれな靴が日本人に大人気だという「ホルヘ爺さん」の靴屋さんへ。ホルヘ爺さんはニコニコ笑って優しく迎えてくれて一緒に靴のデザインや色を選んでくれた。足の形までみてくれてオーダーメイドで150…

クスコ①

1月21日ケンと2人、早朝のクスコの町にたどり着いた。標高がボリビアのラパスよりも低いので、町を歩くのはだいぶ楽。ただ、クスコの町も中心から外れるにつれて坂道が急になっていく( ;´Д`)有名な日本人宿「カサ・デル・インカ」に続く道はまさに心臓破り…

ボリビア11 ペルーへ!

1月20日この日のコパカバーナはなんだかお祭りムード!プラザ近くの教会では民族衣装に身を包んだ女性達によるセレモニーが行われていました。プラザや市場も活気があっていい感じ!夕方ごろにはライブパフォーマンスなんかも!コパカバーナはお土産なんかが…

ボリビア⑩チチカカ湖畔、コパカバーナ

1月19日ラパスから朝一のバスに乗ってチチカカ湖畔の町コパカバーナへ向かった。昼ごろに1度、湖の向こう側に渡るのに全員バスを降りることになる。バスと人は別々の船に乗って湖を渡るらしい。人の船の方が先に着くのでその間周りで軽食とか買える。ちなみ…

ボリビア⑨シルビア先生のボリビア文化教室。

1月18日チャカルタヤ登山を午前中に終えた僕たちは、昼過ぎにはラパスに戻ってきた。というのも、この日僕はBolivian culure class なるものを申し込んでいたからだ。Hostel Austriaにいた頃にこのフライヤーを見つけた僕は、ボリビアの民族医療について聞い…

ボリビア⑧チャカルタヤ登れ!

1月18日5300mのChakaltaya チャカルタヤに登ることになったのはハルカちゃんからのお誘いだった。「世界一高い所にあるっていう、スキー場にいきませんか!」一緒に行かせてください!というわけでラパス市内からツアーに参加。途中、別のツアーの名簿に名前…

ボリビア⑦チョリータ・レスリング おばちゃん達の死闘

1月17日帰ってきたラパスの町。宿替えをしてホステル・インティワシに泊まることに。ウユニに行く前に泊まったHostal Austriaでは殆ど日本人に会えなかったのだが、インティワシには日本人がかなりいた。どうやら2016年1月現在、ボリビア、ラパスでの日本人…

ボリビア⑥ゴーストタウン プラカヨ

1月16日サンライズツアーに参加して帰ってきて、すぐにホステルをチェックアウト。夜20:00の夜行バスでラパスに戻るので、それまでの時間潰しにPlacayoという町に行くことにした。昨日、なにか変わったツアーはないかと色々な旅行会社に聞き回っていたところ…

ボリビア⑤ウユニ塩湖。

1月14日 ②そこにあったのは紛れもなく、この世とは思えない風景だった。記録的な乾燥続きでウユニ塩湖全体の『鏡張り』は見れなかったとはいえ。ホダカのデイ・ツアーは10時半頃スタート。列車の墓場、と呼ばれる場所へ。今回のツアーは他に日本人五人と、同…

ボリビア④ウユニの町とリャマ丼。

1月14日明け方に着いたウユニの町。夜行バスは韓国人ツアー客の皆さんとと同じで、ウユニに着いてからも聞こえてくるのは韓国語ばかり!ウユニにつけば日本人に会えると思っていたのに…日本人バックパッカーは雨が降らないウユニにはあまりこないなか…とりあ…

ボリビア③仮面と『盛り』とボリビアの文化

1月13日なんかこれ、さくらももこ先生の漫画に出てきそう。これは…いったい…なんなのか…。というわけで(?)ラパスの宿の裏手にあってたまたま見つけた、Museo de Etnografia y Folklore →民俗学博物館(みたいな感じ?)にふらっといってきました。ラパス…

ボリビア②ラパスの町と歯の話

1月12日「あいつら来て30分も経つのに全く働かんなあー」一番ホテルのオーナーの南雲さんが窓の外を眺めながら言った。僕は食堂で日本食の朝ごはんを頂いている最中だった。南雲さん曰く、目の前の道はもう1年以上工事中で全く進む様子もないんだそうだ。味…

ボリビア①一番ホテル

1月11日夕方の便でブエノスアイレスからボリビアに飛んだのだが、このフライトに関しては色々あった。まず第一に、ボリビアに陸路で向かえばよかった。かなり前に航空券を抑えたのだが、その頃の僕は南米の地理感覚は全くなく、ブエノスアイレス→イグアス→パ…

ブエノスアイレス⑦路上の風景

1月10日アルゼンチン最終日なのに暇だいひまだーい!といっていたらミホコさんとユウちゃんが遊んでくれた。ありがたいっす。アイス食べたりしてからビールを買って、ブエノスアイレスのセントロにあるオベリスク前で路上飲み会。これから向かうボリビアやペ…

ブエノスアイレス⑥彩りの町、死者の町。

1月9日宿で出会った韓国人の青年と一緒にブエノスアイレスのボカ地区へ。 ボカ地区はカラフルな街並みで有名な地区らしい。ボカ地区へ向かう途中にも色んなストリートアートが見れる。ブエノスアイレスは、ウォールアートのレベルが落書きを超えていてなかな…

ブエノスアイレス⑤世界で2番目に美しい本屋

1月8日朝起きると昨日の剣道をのおかげでバッチリ筋肉痛。次の日に来るだけまだ若いと喜んでおこう。悲鳴をあげる身体に鞭打ち、世界で2番目に美しいという話で有名なEl Ateneoという本屋さんへ。なんとブエノスアイレスにあるんですね。どーん!と。オペラ…

ブエノスアイレス④〜受け継がれている剣の精神

1月7日やっとブエノスアイレスに帰ってきたー!そしてヒューストンで行方不明になったバックパックが戻ってきたーー!ついにーーー!中身も全部そのまま。サバイバーやわ。君ほんまサバイバー。イケてるわー。バックパックを受け取りほっとして、この日はア…

パラグアイ→プエルト・イグアス

1月6日イグアス移住地からシウダーデルエステの街まで、路線バスで帰る。「セントロで降りて国境まで歩いて、それからアルゼンチンに戻るバスを待てば1番早いよ!」と宿で聞いたけれど、土地勘がなさすぎてセントロってどこやねんって感じだ。とりあえず隣の…

パラグアイ→プエルト・イグアス

1月6日イグアス移住地からシウダーデルエステの街まで、路線バスで帰る。「セントロで降りて国境まで歩いて、それからアルゼンチンに戻るバスを待てば1番早いよ!」と宿で聞いたけれど、土地勘がなさすぎてセントロってどこやねんって感じだ。とりあえず隣の…

パラグアイ 〜イグアス移住地

1月5日「はい!じゃあ25000になりまーす。」ラーメン一杯で25000(°_°)!!日本語で言われるとちょっとドキッとしてしまう地球の裏側の日本、パラグアイはイグアス移住地。通貨のグアラニーがやたら桁が多いのでそういう事態が起こる。5500グアラニー=1ドル…

パラグアイ 〜理想郷を求めた人々

1月4日 ②面倒な国境越えを終えて歩いて辿り着いたバスターミナル。僕はターミナルに入って、どこにいけば日本人移住地にいく為のバスに乗れるのか、ときょろきょろしていた。「シウダーデルエステの街から41km地点」という情報だけあるものの、なんちゅー漠…

パラグアイ 〜世紀末感漂う国境

1月4日昼過ぎにつければいいかなー、というくらいの気持ちで10時くらいのバスにのってパラグアイの街、シウダーデルエステへ向かった。予想に反してバスは満員。このバスはアルゼンチンの国境を越えて、ブラジル領内をスルーしてからパラグアイに向かう。こ…

絶景!イグアスの滝。

1月2, 3日早朝、空港に向かうためタクシーに乗る。宿がタクシーを呼んでくれたのだが、テクニカルエラーだかなんだかで結局来なかった(°_°) どんだけー。さらに宿からでてスタッフの人がタクシー探してくれるものの全く捕まらず。「こんなの初めてだよ…」と…

ブエノスアイレス③

2016年1月1日元旦今日もやはりヒューストンからの荷物は届かず。「天気が悪すぎていくつも荷物が乗せられなかったらしいから、その中に紛れてるんじゃないか」とのこと。いやいやどんな天気やねん。とりあえずはあるものでなんとかなるので、小さなリュック…

ブエノスアイレス②アーティストたちのユートピア、そしてA Happy New Year!!

12月31日昼頃空港から電話がかかってくるも、どうやらバックパックは今日も届かなかったらしい(°_°)まあ、暑い国なのでTシャツ短パンがあれば大丈夫なんだけど…どんだけ最近流れ悪いねんっていうね!2015年最後の日。アルゼンチン人の友人エマと昼飯。アルゼ…

ブエノスアイレス①〜ステーキが旨すぎるがバックパックは届かず〜

12月30日真夏だ!暑い!!アルゼンチンについてまず思ったのはそれ。そして、(半分予想はしていたけど)バックパックがヒューストンから届いておらず(°_°) チケット発券してくれたときのおっちゃんの「荷物はそのままで何もしなくていける!」の言葉を鵜呑…

続 きょう、飛行機にのれませんでした。

「プリーズ…」人生最高のプリーズも虚しく飛行機に乗れなかった僕は絶望で立ち尽くしていた。とりあえず、United Airlineのカウンター行ってみ。とのことだったので僕はトボトボとカウンターに向かった。そこには50人以上の人が並んでいた。なんなん?こんな…

続 きょう、飛行機に乗れませんでした。

12月28日、29日もうほんと、こんなタイトル書きたくねえよ(°_°) 呪われてんのか?って思うくらいや…昼頃に宿を出発してカンクンの空港へ。そこから2時間くらいのフライトでアメリカ、ヒューストンへ飛んだ。トランジットの時間は2時間ほどあったので、まあ余…

カンクン③〜セノーテ 聖なる泉でダイビング〜

12月27日今回セノーテ・ダイビングでお世話になったダイビングスクールはこちら!「イグアナダイバーズ」http://www.iguana-divers.com/#!blog/c1kguメキシコ、カンクンからバスで1時間ちょっとのプラヤデルカルメンという町を本拠地にされている会社です。…

カンクン②〜スターウォーズからのカンクンの海〜

12月26日「スターウォーズ二回見たけど、もっかいみたいねんなあ〜!」という旅人に連れられ、フォースの覚醒を観にいくことに!実はメキシコシティーでも誘われたのだけど、ネイティブばっかりの中で自分が見に行っても、英語わからないことも多いだろうし…

カンクン①〜日本人宿ロサス7〜

12月25日9時ごろカンクンのバスターミナルに到着!カンクンでは珍しく日本人宿に泊まることにしていて、ターミナルで出会った日本人と一緒に宿「ロサス7」を目指した。つってもターミナルから一瞬で着くんだけどね!立地はすごく便利!予約をしていたので泊…

パレンケ②

12月24日早起きして7時ごろのバスに乗って遺跡まで行ったけど、やっぱりチケットを8時からしか売っておらず遺跡の前で待つことに。遺跡が開く頃にはお土産物うる人たちも準備万端で、ひともいっぱい。残念ながら、テオティワカンのときみたいな神秘的な雰囲…

パレンケ①

12月23日バスターミナルついて外に出るとあっつい!湿気がすごい!南国!!歩くだけで汗が吹き出してくる気候のなか、ターミナルからほど近い安宿へ。一泊だけだしターミナルに近い方がいい。部屋は空いてて、ついてすぐシャワーあびて洗濯!日差しが強いの…

オアハカ④モーレ料理 そしてパレンケへ

12月22日オアハカ出発までにどうしてもチョコレート料理を食べてみたかったので再度市場へ。きたー!これだー!鳥にチョコレートソースかけたやつ!味は、うーん。べつに食べれるけど、「メキシコ料理の最高傑作!」は言い過ぎか…( ;´Д`)思ってたより甘く…

オアハカ③〜モンテ・アルバン遺跡 侍インメキシコ〜

12月21日朝1番のバスにのってモンテ・アルバン遺跡に行くため早めに宿を出てバス乗り場へ。テオティワカンの時と違い朝早くから他の観光客もいた。バスに乗ってしまえば40分くらいで遺跡にはつく。朝靄の中を歩いていけるほど早い時間からは遺跡が開いていな…